義歯

より美しく、より機能的な義歯をつけてみませんか?

義歯(入れ歯)というと、どのようなイメージを持たれているでしょうか?

「よく噛めない」
「よくはずれる」
「違和感がある」
「見た目が悪い」
「残っている歯に負担がかかる」

・・・・色々な不満があるかと思います。それら義歯の持つ欠点を解消したのが「パーシャル・パラレル・ミリング」です。

パーシャルパラレルミリングとは・・・

パーシャルパラレルミリングでは、ミリングマシーンという機械を使って、精密な鍵と鍵穴のようなしくみを歯の裏側に取り付けることによって、残っている歯と入れ歯をつなぎます。 この方法を用いると、入れ歯が非常にきっちりと装着されるため、残った歯に揺さぶりがかからず、歯の負担を軽くすることができます。
また、入れ歯が入った状態で歯の本来の形になリ、出っ張った部分がないため、違和感が非常に少ないのも大きな利点です。 さらに、歯の表側には留め金が全くないので、入れ歯を入れていることが他人にはわかりません。

とても審美的です

歯の裏側に全ての連結装置が組み込まれており、歯の表側は天然の歯に調和させた色と質感で修復しますので、非常に高い審美性を保つことができます。 もちろん入れ歯であることを他人に気づかれることはありません。

とても安定していて快適です

非常に精密な鍵と鍵穴のような連結装置を用いますので、入れ歯がほとんど動きません。 そのため、食事をする時、とても安定感があります。 また、出っ張りが全くないので、舌観や装着観は他の入れ歯とは比較にならないほどです。

残っている組織を守ります

入れ歯が動かないということは、単に安定感があるというだけなく、残っている歯や入れ歯を支えている顎の保全にとって非常に有利なことです。 なぜなら、残っている歯の歯周病の進行を助長させたり、顎の骨をやせさせたりする一番の原因は入れ歯による揺さぶりだからです。

装着した状態(正面から)

上あごに装着した状態

下あごに装着した状態

ブレードティースを用い、リンガライズオクルージョンで仕上げた義歯

リンガライズドオクルージョン(舌側化咬合)とは義歯の咬み合わせ様式の一つで、通常の義歯の咬み合わせに比べ、

1. 咬む時に義歯が安定しやすい
2. 食べ物が咬みやすい
3. 顎の骨がやせにくい
4. 残っている歯にダメージを与えにくい

等の特徴があります。
また、ブレードティースとは入れ歯に用いる人工の歯の一つで、金属でできています。プラスティックでできた通常の人工の歯と違い、丈夫で磨り減りにくいので、かみ合わせが低くなりにくく、長持ちします。また、よりしっかりと食べ物を噛み切ったり、噛み砕いたりして食べることができ、食べられる食品の範囲が大幅に広がります。ちなみに、このブレードティースは奥歯の裏側だけに取り付けるもので、表側は通常と同じ白いプラスティックでできていますので、審美的には問題ありません。

上あご

下あご

▲TOPに戻る