兵庫県三田市のたなか歯科医院はインプラント・矯正歯科・審美歯科の歯医者さん

【 GCおとなのトータルケア歯磨きジェル 】

当院では、様々な口腔内リスク(歯周病•う蝕・知覚過敏症状•口臭)が増えるおとなの口腔内を1本でトータルケアする新しい歯磨剤を導入しました。

その名の通り、『GCおとなのトータルケア歯磨きジェル』です。

歯面にしっかり密着し唾液に溶けにくい「高密着ジェル」と、磨きはじめから薬用成分を素早く放出する「高リリース機能」のダブル効果で薬用成分が歯面へ効果的に行き渡ります。

《効果を高める3つのポイント》

①歯磨きジェルを歯面全体に広げて磨く

②うがいはひと口分(10〜15ml)の1回

③歯磨き後は1〜2時間程度飲食しない

歯だけではなく口腔内全てのケアが必要になってくるのは30代からです。

また、唾液分泌量が低下するのも30代からです。唾液には、細菌の活動を抑制する働きがあるので、歯周病や口臭の原因となる細菌の働きを抑えてくれますが、年齢とともに唾液が少なくなるにつれて抑制する働きも少なくなるため、口腔内トラブルのリスクが高まります。そこを補ってくれるのが、「おとなのトータルケア歯磨きジェル」なのです。研磨剤フリーで歯面にやさしく、電動歯ブラシにもお使いいただけます。ぜひ一度お試しください。

大人ジェル

神谷

【 ご紹介プレゼント企画のご案内 】

 皆様のお近くに次のような方はおられませんか?

歯や顎にお痛みがある方、コロナ禍でなかなか歯科を受診できずにいる方、最近よく耳にする予防歯科に関心のある方、歯列矯正に興味がある方など・・・。

そんなご家族や、ご友人、お知り合いの方がおられましたら、ぜひ当院をご紹介ください! スタッフ一同、誠意を込めて治療にあたらせていただきます。

ところで、かねてより当院では、「ご紹介プレゼント企画」を行っておりますが、ご存じだったでしょうか。当院をご紹介いただいた方には、当院でケア用品購入時にご利用いただける割引券をプレゼントしています。また、この度新たな企画として、当院の患者様のご紹介で来院された方にも、ささやかではありますが、お勧めのケア用品をプレゼントさせていただくこととなりました。ぜひともこのプレゼント企画をご活用下さい。

感染対策に気をつけて、スタッフ一同ご来院をお待ちしております。

歯の画像

吉房

check up フッ素シリーズで洗口液タイプを導入!

当院では、ジェルタイプのフッ素をお勧めしていますが、ジェルの甘味が苦手な方や、ジェルを塗った時の感覚が苦手な方もおられます。そんな患者様のために、フッ素の洗口液タイプを導入しました! ジェルタイプと違い、スッキリとした使用感を得る事ができます。このフッ素洗口液の特徴は次の通りです。

*毎日の洗口に適したフッ素濃度450ppm

*計量カップ付きで、患者様の年齢・口腔状態により希釈も可能

*ピリピリした刺激を抑えたマイルドな使用感

*さわやかなシトラスベルガモット香味

フッ素洗口液の使用方法

①  洗口前に歯を磨くか水で口をすすぐ

②  洗口液を口に含み、液が歯面にゆきわたるように約30秒間ブクブクする

③  洗口後は、液を十分に吐き出す。唾液は1~2回吐き出す。(水ですすがない)

フッ素を使用することでむし歯になりにくい歯を作ります。むし歯になりやすい人も、そうでない人も予防として、ぜひフッ素を使ってください!

フッ素洗口液2

辻野

ストレスチェックと血管年齢チェックでココロと身体のセルフケアを!

みなさんは、ストレスチェックや血管年齢チェックを受けたことはありますか?

ストレスと血管年齢のチェックは、心と身体の健康のバロメーターとなります。実はこの「ストレス度&血管年齢測定」を当院で受けることができるのをご存じだったでしょうか?

左手の人差し指に専用の機械を装着して3分間測定するだけのとても簡単、スピーディーな検査です。 血管年齢とストレス度を同時に測定し、結果をプリントアウトして受け取ることができます。

bbチェッカー②

ストレス測定では、心拍間の微細な変化を利用して、自律神経の活性度および交感神経・副交感神経の均衡状態を分析し、ストレスへの対処能力などストレス度合いを判定します。

末梢血液循環測定(血管年齢測定)では、指先で脈波を測定、動脈血管弾性度、末梢血管弾性度から末梢血液循環状態を測定しその結果から血管老化度を7段階で評価します。

継続的にチェックすることは、自律神経系の機能、ストレス性疾患、心疾患、成人病、血液循環障害などを予測し、持続的な健康管理の手助けとなります。もし興味をお持ちでしたら、この機会にぜひ一度、チェックしてみてはいかかでしょうか?

                 高山

【拡大ミラーのご紹介】

【 拡大ミラーのご紹介 】

みなさんはブラッシングをどこで行っていますか?

スマホやテレビを見ながら…だと長い時間、磨くことはできるかもしれません。

でも、歯ブラシの毛先がきちんと当たっていないとプラーク(細菌のかたまり)は落とすことができません。

そこで今回は、手鏡(拡大ミラー)を使ってのブラッシングをご紹介します。手鏡を見ながらブラッシングすることで、いろいろなメリットがあります。

● プラークをしっかり見て確実に除去できるので、ブラッシングの時間を短縮できる

●奥歯までまんべんなく磨くことができるので、磨きムラがなくなる

●適切なブラシ圧で磨ける

●はぐきの腫れなど、お口の中の状態が確認できるので、トラブルが早期発見できる

 

当院では、拡大率が5倍のミラーと10倍のミラーをご用意しております。興味のある方は、ぜひ使ってみてください! ご自身のお口の健康を守っていきましょう♪

拡大ミラー

                                 内橋

キシリトールタブレット《オレンジ》

キシリトールのガムを知っている方はたくさんいらっしゃると思いますが、キシリトールのタブレットがあることをご存じでしょうか?

まず、キシリトールとは…お口の中で酸をつくらない糖アルコールの一種で、樹木や植物から作られる成分です。砂糖とほぼ同じ甘味で、カロリーは砂糖の75%です。ありがたいですね。そんなキシリトールが甘味料として、なんと100%配合されています。

積極的にむし歯予防をしたい方は、毎食後、間食後、寝る前にキシリトールを摂取するのがおすすめです。

ちなみに、今回ご紹介しているタブレットは、

・矯正装置が入っている方

・ガムの噛めない方

・小さなお子様

・外出中の摂取(ゴミがでません)

など様々な方におすすめです。

キシリトールタブレット オレンジ! ただいまキャンペーン中です。ぜひこの機会にお試しください。

タブレット

大畑

外部講師による院内勉強会!

日々、寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

この度1月13日(木)に、久しぶりにフリーランス歯科衛生士の講師の方をお招きして、院内勉強会を行いました。

午前中は講義、午後は数名の患者様にもご協力いただき、実技の指導をしっかりと受け、基礎の復習から応用まで1日かけて学ぶことができました。

コロナの影響で、ここ数年、学会や講習会に参加する機会が減ってしまっていたなか、この日は直接指導を受けることができ充実した1日でした。

今後も、少しでも皆さんのお口の健康の手助けとなるよう歯科衛生士一同、日々努力を続けていきたいと思います。

IMG_2422

           永田

チェックアップジェルに新しいフレーバー登場!

皆さま、いよいよ雪が降る日もみられる季節になりました。

さて、今回は、新しく仲間入りしたフッ素ジェル(販売用)の紹介です。

今までのチェックアップジェル…

「バナナ」(500ppmF)→(在庫なくなり次第終了)

「ミント」(1450ppmF 6歳~成人向け)

に加え、あらたに下記の3種類↓↓

「ピーチ」「グレープ」「レモンティ」(950ppmF 6歳~成人向け)が登場いたしました。

チェックアップ

おやすみ前の習慣に、歯みがき後の虫歯予防・歯質強化としておすすめです。

STEP①~③の後に、使用量の目安に応じてご使用下さい。

STEP① ブラッシング後、ジェルを吐き出す

STEP② すすぎの水(約15ml:大さじ1)をはかる

STEP③ 約5秒間、1回、口をすすぐ

清水

チェックアップ3          

【 フッ素ジェルで虫歯予防! 】

食欲の秋に続いて、クリスマス・忘年会・お正月に新年会と、これから食生活が乱れる機会が増える時期となりました。

そこでセルフケア強化の為に、フッ素(フッ化物)を塗って虫歯予防をしませんか?

フッ素は子供が塗るイメージがあるかもしれません。実は、加齢や不適切なブラッシングのために、歯ぐきが痩せて出てしまった永久歯の根の部分の虫歯予防にも高い効果があります。

フッ素ジェルで虫歯予防!ぜひこの機会に、家庭でできるフッ素習慣をはじめてみませんか!

平山

ホームジェル1

歯周病セルフチェック

よく耳にする『歯周病』ですが、皆さんは歯周病がどういったものかご存知ですか?

次の項目の当てはまるものが一つでもあれば歯周病の可能性があります。

●歯ぐきに赤く腫れた部分がある

●口臭が気になる

●歯ぐきがやせてきた

●歯と歯の間にものがつまりやすい

●歯磨き時に血が出る

●歯が浮いたような感じがする

●少しグラつく歯がある

●起きた時に口のなかがネバネバしている

歯科医院を受診し、「歯垢が付いています」や、「歯石を取りましょう」と言われた方は、実はすでに歯周病になっているのです。歯周病が悪化すると、歯を支えている骨が溶け最悪の場合は歯を失ってしまう事になります。

歯周病が悪化しない為にも歯科医院で歯石除去や歯磨き指導など定期検診を受け、口内環境を整えていきましょう。

祖母

神谷