【 ブルートゥース(Bluetooth)青い歯」名前の由来について 

Share on Facebook
LINEで送る

すっかり毎日の生活に欠かせなくなったブルートゥース。

パソコンやスマートフォンといった端末からマウスやキーボード、イヤホンなど文字や音声情報を無線で通信してくれる機能ですね。

 

ところで Bluetoothを直訳すると「Blue」青い「tooth」歯、この不思議な名前の由来をご存知ですか?

実は、Bluetoothは 10世紀に実在したデンマークの国王ハーラル・ブロタン(Harald Blatand)の名前がもとになっているのです。彼は デンマーク全域を統一した後、異なる種族であるノルウェーを平和的交渉で統合した王様ですが、何故、青歯王と呼ばれたかというと、「虫歯が多く、歯の神経が死んで青黒くなった歯があったから」または「古デンマーク語のBlatand(浅黒い肌の英雄)の異名が英語に音訳されてBluetooth(青歯王)となった」など諸説あるそうです。

 

この王の業績から 北欧スウェーデンのエリクソン社は「諸民族を統合したように様々な無線通信規格を一つにつなげよう」という思いを込めてBluetoothという名を採用しました

 

ちなみにロゴマークもHarald Blatandのイニシャル「HB」を北欧ルーン文字で表して組み合わせたものです。最新のハイテクなイメージのBluetoothは北欧の歴史から名付けられたものだったのですね。

 母里

Bluetoothのシンボル