プラウト(ワンタフトブラシ)について

Share on Facebook
LINEで送る

夏の訪れを謳歌するような蝉時雨の季節となりました。

さて、今回はプラウト(ワンタフトブラシ)についてお伝えします。

ゆうこ 歯医者3

皆さんは、毎日のブラッシングで、歯ブラシではなかなか届かなくて困っている所、気をつけて磨いているつもりなのにいつも磨き残してしまう部位などはありませんか?これらがリスク部位となります。

今回ご紹介する「プラウト(ワンタフトブラシ)」を使えば、簡単、かつ的確に歯垢を落とせるかもしれません。具体的には・・・

  1. はえはじめの歯や親知らず、奥歯の溝など
  2. 叢生部分(歯並びの悪いところ)
  3. インプラントやブリッジの周り
  4. 嘔吐反射が強くて歯ブラシを奥歯まで入れられない方
  5. 入れ歯のバネをかける歯の周りや両隣に歯がない部位
  6. 一番奥歯の歯の後ろ
  7. 歯と歯の間がひろい部位
  8. 矯正装置まわりの細かい部位
  9. 歯の根の形が見えている部位

ゆうこ 歯医者2

細かい汚れをとるために是非プラウトをご利用下さい。

    歯科衛生士 母里裕子