新しい機械が入りました!『CEREC』part2

Share on Facebook
LINEで送る

日に日に秋が深まり、朝夕はひときわ冷え込むようになりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

さっそくですが、前回に引き続き「CEREC(セレック)」についてご紹介させていただきます。今回はセレックを使用した治療の流れをご案内します。

 

①撮影(スキャン)

治療する部分を削り取って形を整えた後、3D光学カメラで撮影(スキャン)します。印象剤で歯型を採る必要はありません。

(※症例によっては歯型を採る事が必要なケースもあります)

 

②修復物設計

コンピューターのモニター上で歯の形態や咬み合わせの調整等をいろいろな角度から分析・設計し、理想的な形にしてデータを作り上げます。

 

③修復物作製

待合室にある機械(CAM)が設計されたデータを元に、機械にセットされたセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

 

④修復物セット

出来上がった修復物をお口の中にセットします。これで治療は完了です。症例にもよりますが、早ければその日のうちに修復物をセットする事ができます。

 

今回はセラミック中心のお話でしたが、種類によっては健康保険適応の物もあります。詳しくはスタッフにお気軽にお尋ね下さい。

                       歯科衛生士 永田優

M4300309