節分と顎の関係?

Share on Facebook
LINEで送る

2月は「節分の日」があります。今年の節分は2月3日(金)、恵方は南南東だそうです。皆さんは、節分の日に太巻きずしを召し上がられますか?

恵方を向いて、家内安全など願い事を浮かべながら巻き寿司の丸かじりをする風習は、江戸末期から明治にかけて大阪に起源があるそうです。巻き寿司を切らずに丸ごと食べるのは、縁を切らず、お寿司に巻き込んだ幸福を丸ごと体に収める、という意味が込められているとのことです。話しながら食べてはいけない理由は、口から福が逃げないようにするためだそうです。

この、のり巻きを丸ごと食べるためには、丈夫な歯と顎であることが大切です。大きく口を開けてかぶりつき、前歯で噛みちぎり、奥歯でしっかり噛む動作が必要だからです。

どんなものを食べるにも丈夫な歯と顎がないと食べられません。しっかり定期健診に通い、虫歯や歯周病を初期で食い止めていきましょう!

恵方巻