たなか歯科医院の院内設備

一般的な歯科治療はもちろんのこと、小児歯科治療、矯正歯科治療、顎関節症治療、審美歯科治療、
歯周外科治療、インプラント治療、予防歯科治療、口臭治療、歯のエステに至るまで、十分な設備を整えております。
また、患者様により安心してご来院いただけるよう、特別に質の高い様々な設備も取り入れております。
当院の主な設備についてご紹介いたします。

患者一般待合室

パウダールーム

受付カウンター

キッズルーム

カウンセリングルーム

診療室(旧館)全景

メンテナンスルーム

完全個室診療スペース

セミ個室診療スペース

診療室(新館)全景

オペ室

レントゲン室

▲TOPに戻る

当院には毎日、多くの患者様が来院されます。
万が一、その方々が発生源となって生じる浮遊粉塵や浮遊細菌が院内感染の元になってしまっては、
患者様の健康づくりのお手伝いをさせていただいている意味がありません。

高濃度オゾンガスシステム

診療室及び患者待合室では、診療終了後から翌日の診療開始まで、高濃度のオゾンガスを流し続けております。

キッズルーム

当院には、小さなお子様のために設けたキッズルームがございます。
小さなお子様にとって、歯医者さんが「楽しい場所」となっていただきますように、 小さなお子様を連れの患者様に安心して治療を受けていただけますように、 という思いを込めてご用意させていただきました。
可愛らしいお子様用の家具で飾り付けられた素敵なお部屋で、お子様向けビデオ、絵本、おもちゃ、お絵かきセットなどもご用意しております。

カウンセリングルーム

患者様のお話を伺う時や何かをご説明させていただく時に、気軽に使用できるお部屋です。
ガラスのパーテーションですので、プライバシーを守りつつ、解放感もございます。
ここは、「互いに話し合う」ことを最も大切に考えている当院にとって、とても重要なスペースです。

第二カウンセリング室

よりプライベートな話のときに用いるカウンセリングルームです。

エアロシステム

当院に設置しております空気清浄機は、病院専用の業務用のもので、35立米/minの 吸引能力、 98%以上の集塵効果を有しており、0.01ミクロンの汚染物質もキャッチする高性能なものです。

バウンサー

小さいお子様を連れてご来院される患者様のために、移動できるバウンサーをご用意しております。
治療中のお母様がお子様をそばで見守る事ができますので安心です。
特にまだ首がすわっていないお子様がご来院される場合に非常に役にたつ設備です。

オゾン水発生装置

当院の診療スペースでは、全ての水道水をオゾン発生装置に通しております。
水道の蛇口からでるお水はもちろんのこと、患者様がうがいをされるコップのお水、お口の中を洗浄する際に用いるシリンジのお水、歯などを削る際に出すお水、これら全てをオゾン発生装置に通して、オゾン水とすることで、雑菌を完全に0の状態にまですることができます。

オゾン水を用いていない場合、多くの雑菌をお口の中にばらまいていることになるのがお分かりいただけるかと思います。傷のついていないお口の中ですと、特に問題はありませんが、外科的な処置を行う場合では、無視できない問題となります。 また、オゾン水には積極的な除菌効果の他、止血効果、口臭予防、消炎効果、術後の痛みを和らげる効果などもございます。

多くの大病院でさえまだ導入されていないシステムで、かなりコストのかかるシステムですが、「できるかぎり安全で、できるかぎり痛くない」治療を実現したいという当院の熱い思いから、どうしても譲れない設備と考え、平成18年に導入いたしました。

技工室

当院には技工所マナデンタルラボの他に、当院専属の技工室があり、1名の歯科技工士が常勤しております。
院内に常勤の技工士が居なければ、その日のうちにきれいな仮り歯をお入れすることや、入れ歯の破損をその場で修理をすることや、顎関節症で急に口が開かなくなって来院された患者様に即座に対応することはできません。
また、技工士が歯の色や形のお好みを直接患者様からお伺いすることで、より正確に患者様の「思い」を形にすることができます。

補綴物の作成途中

DVD上映



患者様の待ち時間を少しでも快適に過ごしていただくためにDVD上映をチェアーにて行っております。 音声は出ませんが字幕でごらん頂いております。 日によって上映する映画も変えております。

▲TOPに戻る

たなか歯科医院の診療設備

一般的な歯科治療はもちろんのこと、小児歯科治療、矯正歯科治療、顎関節症治療、審美歯科治療、歯周外科治療、インプラント治療に至るまで、一般開業医で行なうのに必要な設備を整えております。
当医院の主な診療設備をご紹介させていただきます。

唾液検査結果説明用コンピューター

歯科用CTスキャナー

電子カルテシステム

歯科用CT

CTとは、「Computed Tomography」の略で、コンピュータを利用したデータ処理と画像の再構成で断層写真を得ることができる装置です。
顎骨や根管、歯周組織などについて3次元の高画質画像情報を得ることができますので、従来のX線検査では不可能であった正確な診断が可能です。
当院では、インプラントの埋入位置の計測・確認を始め、埋伏歯(親知らず)の抜歯や歯周病治療、顎関節治療、矯正治療等さまざまな診療で使用しております。
CTを用いることで、従来と比べて診断が非常に正確になり、さらに3次元画像で形態や位置関係を知ることができますので、治療・手術を的確に安全に、しかも短時間で行うことが可能です。

手術室

完全な個室で、術野の真上からはダイレクトに中濃度のオゾンガスが噴霧されており、無菌的な状態をほぼ完全に保つことができます。
手術中に口の中で使うお水は生理食塩または水オゾン水ですので、術後の感染症発生の可能性を限りなく0にすることができます。
もちろん、手術衣や覆い布等はディスポーザブル(使い捨てのもの)を使用し、他の器具は完全な滅菌処理を行ない、 手術のセッティングは常に専門のスタッフが二人で確認しながら行うようにしております。

オペ室

オペの風景

インプラントのオペセット

セファログラム(矯正専用レントゲン装置)

矯正歯科治療に欠かせない診断用レントゲン写真装置です。
万国共通の規格写真で、正常値との比較や術前術後の比較、成長の予測等に用います。
当医院で矯正治療を受けていただく患者様には術前検査としてはもちろんのこと、治療の節目で必ずお撮りしています。

院内ランシステム

院内にある10台のチェアーとカウンセリングルームには各一台ずつコンピューターが配備され、レントゲン室とランが組まれています。
院内のどこにいてもリアルタイムに情報が共有できるようになっており、診療システムの効率化に役立っています。

口腔内撮影用デジタルカメラ

当医院では治療の記録をとても大切にしております。
患者様に治療の経過を説明することはもちろんですが、治療の記録をしっかり残すことにより、当医院で行った治療の責任を明確にすることができますし、記録をレビューすることにより、さらに上を目指した歯科治療を提供することができると考えています。 より鮮明な記録を残すために、歯科用に特殊なセッティングを施した一眼レフのデジタルカメラを用いています。

モニター付位相差顕微鏡



"百聞は一見にしかず" 患者様にご自分の歯垢を見ていただき、歯垢の実態をわかっていただくための装置です。
約1300倍に拡大された世界はさぞ驚かれることと思います。歯垢の実態とは、ずばり"細菌の塊"です。球状や棒状、糸状の細菌が活発に運動している様子がご覧いただけます。
「予防」を第一に考えている当院において、 最も活躍している設備の一つです。

プラソマティックアナライザー

顎関節(耳の前にある下顎の関節)の運動経路を記録して、顎関節症の診断を行なうための装置です。
“顎がカクカクする” “顎が痛い” “大きく口を開けられない” といった経験はありませんか?
自分では全く気がついていなくても、顎関節症になっている人は少なくありません。当院では全体的なお口の治療をさせていただく患者様に対しては、術前検査の一つとして必ず行なうようにしております。
院長は顎関節症治療コース(日本臨床歯科補綴研修会基本8カ月コース)でインストラクターを務めております。顎関節の触診は無料で全ての患者様に行っており、問題のある方はお伝えするようにしております。

細菌検査

歯には“虫歯”“歯周疾患”という二つの大きな病気があり、多くの人が虫歯と加齢による歯周疾患の進行は、ある程度仕方ないと思っています。
しかし、歯の病気に関する研究が進みこれらの病気は感染症だと言うことが判ってきました。細菌検査を受けて的確な治療・予防を行い歯の健康を保つことができます。
詳しくはDr・診療スタッフまでお気軽にお尋ねください。

デジタルパノラマレントゲン・デジタルセファロレントゲン

デジタルパノラマレントゲン

デジタルセファロレントゲン

各チェアーのモニター

院内にある9台のチェアーとカウンセリングルームには大型の液晶モニターが設置してあり、数台の親機と全て連動しております。
そのため、お撮りしたレントゲン写真を瞬時に写し出すことができます。
また、患者様の情報はコンピューターにてデジタル管理しており、お口の中を撮影した写真や検査データなども瞬時に取り出すことができ、より正確に患者様に情報をお伝えすることができます。

ファントム(新人教育用マネキン人形)



当医院では、スタッフ教育にこのような歯科治療練習用のマネキンを用いています。
新人スタッフが基本的なポジショニング(患者に対する術者の立ち位置)やバキューム(口の中に溜まった水などを吸い込む小さなホース)、その他の歯科治療用器具を置く位置などを納得のいくまで確認することができます。
歯科大学や衛生士学校にて行われているのと同じやり方で、マネキンを用いて練習した後、スタッフを被験者として実習を行うようにしています。
このように十分に研鑽を積んだスタッフのみが患者様の処置にあたるようにしておりますので、どうぞご安心ください。

▲TOPに戻る

-マナデンタルラボ-

マナ・デンタル・ラボラトリー 代表 松岡 崇

私は、10年間たなか歯科に勤務させて頂き院内で開業することになりました。
今後とも、たなか歯科医院の先生方、衛生士さん、スタッフと共に患者様が、満足のいく補綴物を製作し、ご提供させて頂きます。
そのためには、知識・技術を習得するために講習会などに積極的に参加し、また、最高水準の機器を使用して補綴物を製作していきます。
立ち合いなどでお会いした時は、気軽に質問など声をかけて下さいね。

【趣味】
サーフィン・スノーボード・キャンプなどアウトドアが大好きです。

【受講歴】
JIADS クラウンブリッジ技工コース
JIADS インプラント技工コース
日本臨床歯科補綴研修会8ヶ月コース
ミリングデンチャーコース
筒井塾 咬合療法研究会
筒井塾 第3期 T・アライナー実習コース
筒井塾 歯冠修復実習コース

【所属】
日本臨床歯科補綴学会
筒井塾 咬合療法研究会
大阪歯科技工談話会

▲TOPに戻る