審美歯科

あなたは、笑顔に自身がありますか?

話す時、笑う時、食事をする時、歯の美しさで人に与える印象はずいぶん変わります。 理知的に見えたり、間抜けに見えたり、清潔に見えたり、だらしなく見えたり…
あなたは自分の笑顔に自信がありますか?
他人の前で自信を持って大きな口を開けられますか?
私たちは考えます、自分の歯の美しさに自信を持つことができれば、行動や性格や価値観まで変わってきて、その人の人生に大きな影響を与えるのではないかと。 自然な白い歯、素敵な笑顔はどんな高価なアクセサリーよりも美しいとは思いませんか? 当医院では最先端の審美歯科治療を提供できるだけの設備と技術を備えています。
また、歯のエステティックは、スマイルアートもご覧ください。

審美歯科とは・・・・?

歯を白くするためには、その状態によっていくつかの方法があります。

破折・色のくすみ修復の場合-ラミネートベニア

歯の色がくすんでいる場合、事故などで歯の一部が欠けた場合、軽度の歯列不正がある場合には、歯をあまり削らなくてすむラミネートベニア法が最適です。
歯の表側をほんのわずか(0.5ミリ程度)だけ削って、そこにセラミックの薄いシェルを貼り合わせる治療方法です。
患者様が希望される歯の色や形に確実かつ自然に修復することができます。

歯を削らずに白くする方法-ブリーチング

変色した歯を標準的な色にする場合や今よりももっと白い歯にしたい場合、削らずに白くする方法がブリーチング、あるいはホワイトニングと呼ばれる方法です。
特殊な薬剤を使用して、歯を漂白しますが、診療室で行なう方法をオフィスブリーチ、自宅で行なうものをホームブリーチと言います。
目標や予算に応じて使い分けることになりますので、詳しくはご相談ください。

▲TOPに戻る

硬質レジン冠とセラミック冠の違いについて

硬質レジン冠の変色例

セラミック冠の場合

保険適用の硬質レジン冠も優れた材料ですが、セラミック冠と比較すると、審美的にはかなり劣ってしまいます。 また、硬質レジン冠には吸水性があるため、使用期間中に臭いがついたり、変色することは避けられませんが、セラミック冠では、そのようなことがありません。
さらに、当医院の保険外診療では、歯とかぶせ物の適合性を最大限に追求しています(たとえば、顕微鏡を使って製作します)ので、治療後の虫歯や歯周病の再発にもセラミック冠のほうが圧倒的に有利であるとお考え下さい。

  レジン セラミック
黄色く変色する 変色しない
透過性 低い 非常に高い
磨耗 擦り減りやすい 擦り減らない
病気の再発 起こりやすい 起こりにくい
保険 適用 適用外
※透過性・・・光を通す度合い。透明感のある白さを示します。

▲TOPに戻る

CR充填(白い詰め物)の特徴について

【ハイブリッドプラスチック】

≪メリット≫
・セラミックの粒子が詰まっている強化型のプラスチック
・丈夫で、より耐久性に優れている
・変色しにくい(黄ばみにくい)
・詰め物の色を自分の歯の色に合わせることができる
・緊密に詰められているので、再度虫歯になりにくい

≪デメリット≫
・材料に何層もかさねるので、やや時間がかかる
・費用は9,500円(簡単)、15,000円(複雑)である

術前

術前です。

術後

術後です。

▲TOPに戻る

【プラスチック】

≪メリット≫
・単層で詰めるだけなので早い
・費用は保険の10割分が3,000円程度である

≪デメリット≫
・プラスチック100%でできている
・やわらかく、擦り減りやすい
・変色する(時間の経過とともに黄ばんでくる)
・詰め物の色を自分の歯に合わせることがやや難しい
・ややルーズな結合になるので、再度虫歯になりやすい

術前

術前です。

術後

術後です。

▲TOPに戻る

トリートメントコース

トリートメントは常に心がけましょう。

治療中の様子です。

~125軒の実践医院で立証された~
健康な人が通い続けたくなる仕組みづくり
(画像拡大できます)

≪歯のトリートメント≫
・歯のクリーニング
・着色除去
・トリートメント
・歯肉マッサージ
・フッ素パック
・ヘッドマッサージ

≪ずっと通いたくなる歯科医院を目指して ~患者様の声~≫
・とても気持ちよかったです。3回目になりますが、日々のケアは以前とあまり変わらないのに、歯が汚れにくくなっている気がします。
・自分の歯の本来の白さを取り戻したので、本当によかったです。
・長く自分の歯で過ごすには定期的なトリートメントはとても良いと思いました。気持ちよくて寝てしまいそうでした。
・このようなコースがあることを知らなかったので受けてよかった。歯科医院のイメージが変わりました。

きれいで健康な歯を維持していく上で、トリートメントは非常に大切です。
ご自身の歯を守るためにも定期的に受けられる事をお勧めいたします。

▲TOPに戻る

【セラミックインレーを使用した審美歯科の診療例】

この患者様は20代の女性です。
右上の5番目の歯にシルバーのつめものが入っていて、大きく笑った時に、チラッと見えるのがとても気になっておられました。 この歯をセラミックインレーで治療しなおしたところ、私たち専門家が見ても、健全歯と見間違えるほど治療の後がわからなくなりました。

術前

シルバーの詰め物をはずし、虫歯の深い部分にセメントと呼ばれる薬を詰め、形を整えたところです。
そして、シリコーンと呼ばれるゴム系の変形しない型取り材で歯型を取ります。
次に、特殊な教育を受けた歯科技工士が歯の色や明度の記録をとります。
また、より正確な色を表現するために、スライドフィルムで周囲の歯の写真を撮ります。
審美歯科ではピッタリと合った詰め物を作るのは当たり前で、色や質感が合わなければ、失敗ということになります。

術後

セラミックインレーで治療をした後のお口の中の状態です。大きく拡大して見ても、歯と詰め物との境目はほとんどわかりません。 虫歯になる前のきれいな天然歯が再現されました。
この方法は、ただ単に美しいと言うだけでなく、虫歯の再発がおこりにくい治療法でもあります。

▲TOPに戻る

【ラミネートベニアを使用した審美歯科の診療例】

この患者様は10代後半の女性です。
生まれつき、右上の前歯に黒いしみがありました。 そのため、人前で自信を持って笑うことができなかったそうです。
ラミネートベニア法を用いて治療しました。

術前

治療前の歯の状態です。歯に黒いしみがついています。 このようなケースは、漂白治療では確実性がなく、ラミネートベニア法がベストな治療法となります。

術中

歯の表側だけを一層削ったところです。
そして、シリコーンと呼ばれるゴム系の変形しない型取り材で歯型を取ります。 特殊な教育を受けた歯科技工士が歯の色や明度の記録をとります。
また、より正確な色を表現するために、スライドフィルムで周囲の歯の写真を撮ります。
審美歯科では、ピッタリと合った詰め物を作るのは当たり前で、色や質感が合わなければ、失敗ということになります。

術後

ラミネートベニア法で治療をした後の状態です。 歯の色や質感は、天然の歯と見分けがつきません。
"笑顔に自信が持てるようになり、何でもやりたい、どこにでも行きたいという感じです!"と、喜びを表現されているお口元を見て、本当に素敵な歯、素敵な笑顔だと感動いたしました。
たった2回の小さな治療がこの方の人生を大きく変えたかもしれないと思うと、歯科医冥利につきる気持ちでいっぱいです。

▲TOPに戻る

【オールセラミックスクラウンと歯のホワイトニングを併用した診療例】

この患者様は40代の女性の方で、歯ぐきの腫れが治まらないし、歯ぐきが下がってきてセラミック冠の見た目が悪くなってきたので、治療してほしいと言って来院されました。
生物学的幅径(Biologic width)を侵して冠が被せられているため、炎症をおこしていました。 つまり、本来組織の内部になるべきところまで歯が削られ、無理矢理に冠が突っ込まれていたのでした。 この状態を放置しておくと、冠の見た目が悪いだけでなく、歯周病を進行させてしまうことになってしまいます。

術前

歯ぐきが赤く腫れていますが、この腫れはどんなに歯ブラシをがんばっても治りません。 侵された生物学的幅径を正常に戻してあげる必要があります。 また、歯ぐきが下がって冠の金属が見えてきています。 これは、炎症によって歯周病が進んでしまったからです。

術中

古い冠をはずした土台の状態です。
歯ぐきの深いところまで歯が削られているのがわかります。
一度削ってしまった歯は元に戻せませんから、歯ぐきを手術して治療しなければなりません。

術後

歯ぐきの手術で生物学的幅径を獲得し、オールセラミックスクラウンを装着しました。 この冠はパソコンで読み取られた型の情報を電子メールでスウェーデンに送り、そこにある精密な機械で作られます。 金属を用いないので、天然の歯と見分けがつかないほどの質感を再現することができますし、金属アレルギーの心配もありません。 そして、強度に優れているという特徴も兼ね備えています。
また、左右の3番目の歯は他の歯に比べ色が濃いかったので、ホワイトニングを行いました。
これを行うことによって前歯の4本のセラミック冠を自然に白くすることができます。 術前は前歯4本だけが白すぎて不自然な感じを受けますが、術後は自然な白い前歯になっているのがお分かりいただけると思います。

当院の審美歯科治療は見た目の問題だけでなく、健康な状態を長く維持できることを重視しております。 健康な状態が維持されなければ、処置直後の美しさをずっと保つことはできません。
美しさが長続きしてこそ本当の審美治療と言えるのです。

▲TOPに戻る

【オフィースホワイトニング(歯科医院で行う歯の漂白)の例】

歯を傷つけずに行う歯の漂白には、大きく分けて二つの方法があります。
一つは歯科医院でレーザーや光重合器を用いて行うオフィースホワイトニング、もう一つは歯科医院でオリジナルのトレーを作ってもらい、自宅にて自分で行うホームホワイトニングです。ここでは当医院で行っているオフィースホワイトニング方法をご紹介いたします。

術前

下の前方の歯10本にホワイトニングを行いますが、処置前後の色の変化を記録するために、歯の色見本(シェードガイド)と共に写真を撮ります。

術中

歯の表面をポリッシュした後、歯ぐきには薬剤が着かないよう保護剤を乗せます(写真の青色の部分)。 歯を白くしたい部分にオフィースホワイトニング剤(写真の水色の部分)を乗せます。

術中

特別な光を照射します。

術中

反応が終わると、ホワイトニング剤は水色から白色に変化します。

術後

当医院では上記の工程を3回繰り返します。
ちなみに費用は基本料金が5000円で、歯1本につき3000円です。
1回(3回の工程)の来院で理想的な白さになるかどうか、好みの白さになるまでに何回かかるかはわかりませんが、ホワイトニングをする前よりは確実に白くなり、それは患者様ご自身で確認していただけます。 考え方としては、お顔の美白エステと同様で、時間と費用と自己満足で回数が決まるものだと思ってください。

▲TOPに戻る