歯周病治療

こんなこと思い当たりませんか?

・歯を磨くときやリンゴを食べたとき、歯ぐきから出血することがある
・歯ぐきからウミが出ることがある
・歯ぐきが赤く腫れたり、痛むことがある
・歯がグラグラと動く感じがする
・歯と歯の間によく食べ物がはさまる
・口臭があり、親しい人から口が臭いと言われたことがある
・朝起きたとき、口が粘ついたり妙な味がする
・冷たい水を飲むと、虫歯でもないのに歯や歯ぐきがしみて痛い
・歯ぐきがむずがゆい感じがする
・鏡で見ると、前よりも歯が長くなったような気がする

歯周病ってどんな病気?

ほとんどの大人がかかっている病気です

35~44歳の人ではおよそ81%、45~54歳では85%の人が歯周病にかかっています。 つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。
(厚生省歯科疾患実態調査1993年より)

歯周病は、歯を失う大きな原因の一つです

歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。 特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなってきます。

歯周病は、歯を支える周りの組織に起こる病気です

歯の周りには、歯を支える様々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。 歯周病は、これらの組織が細菌に感染して起こり、次第に歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。 虫歯は歯が溶ける病気ですが、歯周病は骨が溶ける病気なのです。

歯周病は、生活習慣病です

人は母親の胎内では無菌ですが、成長、発育過程で菌の感染を受けます。 歯周病の直接の原因は、このようにして感染した細菌です。 しかし、同じように感染した人たちが同じように歯周病にかかるわけではありません。 そこには、外的要因として個々のライフスタイルが密接に関係しています。 不潔、食生活の不摂生、喫煙などの悪いライフスタイルのために体の抵抗力が低下することによって発症し、進行してしまうと考えられます。

歯周病の進行状態

健康な状態

歯肉炎

歯の付け根や表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間の歯肉に炎症が起こります。 ブラッシングしたときや、固いものを食べると出血することがあります。 これくらいではまだ痛みもあまりありません。(この段階を歯肉炎といいます)

歯周炎

プラークが歯石(しせき)になり、歯石は大きくなって、歯根膜が溶け、歯肉溝の中にも広がってきます。 歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間が出来ます。 炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。

重度歯周炎

症状が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。 出血や口臭も強くなり常時ウミが出るようになります。 その状態を一般に歯槽膿漏(しそうのうろう)といいます。

歯周病予防・治療の方法

ブラッシング指導によるプラークコントロール

歯周病や虫歯の原因はプラークです。 このプラークは、丁寧なブラッシングによって、大部分取り除くことができます。 つまり、適切なブラッシングを続けることで、歯周病を予防することができるのです。 また、程度の軽い歯周病であれば、ブラッシングだけで治してしまうことも可能です。
歯科治療の最も基本になるのが正しいブラッシングの方法を患者様に知ってもらうことです。 歯科医師による診断と治療方針により、歯科衛生士がブラッシングを指導いたします。

スケーリング(歯石除去)

自分で歯石を取り除くことはできません。 そこで、定期的に歯石を取り除きます。これがスケーリング(歯石除去)です。 また、歯の表面をなめらかにしてプラークをつきにくくします(ルートプレーニング)。

歯周病が進んでしまったときは...

抗生物質を歯周ポケットに入れて殺菌する方法や、さらに症状が進んでしまったときには手術が必要な場合もあります。 従来は、切除療法と言って、組織を切り取る方法しかありませんでしたが、最近では、歯の周りの組織を再生させる再生療法が開発されてきましたので、抜かずに残せる歯の範囲が広がってきました。 当医院では、最先端の歯周組織再生療法であるGTR法、エムドゲイン法、CTG法、FGG法を行なっております。

リコールで早期発見・早期治療

治療をした後、3ヶ月から半年などの一定期間が経ってから再び診察することをリコールといいます。 リコールは、症状が改善されているか、また新たな病気にかかっていないかを確認するために是非必要です。 リコールのときは、病状の確認ばかりだけでなく、ブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリング、ルートプレーニングも行います。 長期的に見ると、リコールを行なっている人と行なわない人では、歯を失う率に大きな差が出てきます。

【手術を利用した歯周病治療の診療例】

この患者様は50代の女性です。 歯周病が進行し、歯の支えが弱くなってきたために、下の前歯の突き上げによって上の前歯がだんだん前に出てくるとともに歯と歯の間に隙間があいてきていました。 歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきの間の溝の深さは約5~6ミリもあり通常の歯石除去だけで治すことはできませんでした。 メスを使って歯ぐきを開き、肉眼で確認しながら、歯石を除去する手術を行ないました。

術前



治療前のお口の中の状態です。 歯は出っ歯になり、隙間があいて見た目が悪くなっていますが、歯ぐきは赤く腫れ上がっているわけでもなく、一見健康そうに見えます。 成人性の歯周炎ではこのような歯ぐきのタイプが多く、検査をしないと分かりません。

術中

歯ぐきを切り開きます。 歯の根の部分に黒い歯石がいくつかこびりついていました。 これほど奥深くに歯石がついている場合は、このような手術をしなければ取り除くことはできません。 手術時間は約1 時間程度で、局所麻酔下にて外来(日帰り)で行ないます。 また、手術中の痛みは全くなく、術後の痛みもほぼ完全にコントロールできますので、日常生活に支障はありません。

術後



歯周病の治療が終った後のお口の中の状態です。
歯周ポケットは正常値の2ミリ以下となり、炎症はなくなりました。 治療前より歯ぐきが少し下がりましたが、裏打ちされている骨がすでに解けていたので仕方ありません。 ただ、このような見た目の悪化がどうしても気になると言われる場合には、組織再生療法や補綴治療の併用等によって解決できる場合がありますので、ご相談ください。

▲TOPに戻る

【遊離歯肉移植術(FGG)による歯周病治療の診療例】

この患者様は50代の女性です。 左下の4~5番目の歯の外側の歯ぐきが"粘膜"という血管の多い、弱い歯ぐきとなっています。 このような歯ぐきですと、歯ブラシの圧力に抵抗することができず、しっかりとした歯磨きを行なえないため、歯垢を十分に取り除くことができません。 また、普通の歯ブラシの圧力でも歯ぐきが退縮(やせこけること)してしまいます。 この問題を解決するため、"遊離歯肉移植術(FGG)"を行ないました。

術前

丸く囲ってある部分は、本来ならやや白っぽい繊維質の"付着歯肉"という歯ぐきで覆われていなければなりませんが、この患者様の場合、赤みを帯びた"粘膜"という歯ぐきになっています。

術中

上顎の内側から繊維質の丈夫な歯ぐきを移植し、糸で縫いつけます。

術後

術後約2週間後の状態です。 移植した繊維質の丈夫な歯ぐきが周りの組織とつながり、しっかりと着いています。
このように歯を支える環境を整えてあげることにより、歯周病にかかりにくい歯にすることができます。

▲TOPに戻る

【歯ぐきの移植によって審美性を改善した治療例】

術前

30代半ばの女性です。 左上の3番目の歯が非常に長くなっており、そのため、左右が非対称で、見た目が良くありません。 これは、おそらく、歯ぐきが下がったところに小さな虫歯ができたため、削られ、人工の被せ物が入れられたためだと思われます。

術中



上顎の内側から繊維質の丈夫な歯ぐきを移植し、糸で縫いつけたところです。

術中

歯ぐきの移植手術をした直後のお口の中の状態です。
上顎の内側から結合組織という歯ぐきを採ってきて、歯ぐきの下がっていた部分に移植します。
これは、上皮のついていない組織で、中に入れ込んでしまいます。 この術式を用いると、傷跡はより目立ちにくくなります。

術後



手術後約2週間のお口の中の状態です。 当医院では、このように歯ぐきが一旦下がってしまったような場合でも、歯ぐきの移植手術をすることによってほぼ元通りにすることができます。
歯ぐきを左右対称な状態にしてからきれいな被せ物を入れると、より審美的で自然な仕上がりになります。 また、それだけでなく、歯と歯ぐきが健康な状態になりますから、より長持ちさせることができます。

▲TOPに戻る

【インプラント前処置のための歯槽堤増大術 治療例】(骨移植再生療法、GBR)

術前

手術前のお口の中の状態です。

術中

手術前の歯ぐきを開きます。 歯がなくなると、その歯を支えていた骨はどんどんやせてしまいます。 歯を抜かれてから10年以上経過していたので、1~2ミリ位の薄さになってしまっていました。 これでは、直径4ミリのインプラントを埋めることはできません。

術後





患者様ご自身の骨に人工骨を混ぜ、特殊な膜を用いて骨を再生しました。
お口の中の状態と歯ぐきを開いたときの骨の状態です。
手術前の写真と比較していただくと、骨がぶ厚くなっていることが良くお分かりいただけると思います。

▲TOPに戻る