インプラント科

インプラントで笑顔を取り戻しましょう

歯が抜けてなくなると、食べ物が十分に噛めなくなったり、消化が悪くなったり、食べる楽しみがなくなったりします。入れ歯である程度噛む機能は回復できますが、その度合いはわずか20%程度と言われています。入れ歯が不自由で不快なものであることはよく耳にされていることでしょう。
当医院では、人工の歯(インプラント)を顎の骨に埋め込むことによって、自分の歯のように再びしっかり噛むことができるようになる治療をおこなっています。美味しいものをしっかり噛んで食べられる喜びは何事にも替え難いものです。
現在、インプラントには数多くの種類があります。当医院ではそのうち世界的にもっとも信頼性が高いと評価されているもののみを用い、最新の設備を備えております。どうぞご安心ください。
ただし、インプラント治療はだれにでも可能なわけではありません。厳正な診査のもとで適応症と診断された患者様に対してのみ適応いたします。
当医院から、必要性のある患者様に対してインプラントに関する十分な説明をさせていただきます。不明な点があればどうぞお気軽にご質問ください。

診療の流れ

インプラントを顎の骨に植えるために、歯茎を開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。

骨の穴にインプラントをねじ込み、しっかりと固定します。そして歯茎を閉じます。

インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。数ヶ月で骨とチタンがしっかり結合します。

インプラントが骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯茎から露出させます。これで歯茎の形を整えます。

お口の中の型をとり、あなたにあった仮の歯を製作します。仮の歯でかみ合わせを調整し、歯茎の治癒を待ちます。

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

▲TOPに戻る

【中間の歯をインプラントで補った診療例】】

この患者様は40代の男性です。 右上の4番目の歯が生まれつきなく、乳歯が残っていました。 が、その乳歯もついに抜かないといけなくなりました。 治療方法についてカウンセリングさせていただいたところ、両隣の全く虫歯になっていない天然歯を犠牲にしないですむインプラント治療を希望されました。 もし、ブリッジ治療をするのであれば、両隣の歯を小さく削らないといけなかったのです。

術前

インプラント治療を行なう前のお口の中の状態です。乳歯はすでに抜歯され、歯ぐきはきれいに治っています。

術中

上顎の骨にインプラント体を埋め込みました。 そのときのレントゲン写真です。 この方の場合、上顎洞という上顎の中の空洞が下の方に位置していて、そのままでは十分な長さのインプラントを埋め込むことができませんでした。 そのため、この上顎洞を持ち上げる技術も併用しています。 その結果、十分な長さのインプラントが適正な位置に埋入されています。

術後

インプラント治療が終った後のお口の中の状態です。 メタルボンドという天然の歯と見分けがつきにくい人工のかぶせ物が入っていますが、マークがないとどの歯がインプラントなのか分からないのではないでしょうか。

▲TOPに戻る

【奥歯2本をインプラントで補った診療例】

この患者様は50代の女性です。 約5年ほど前からのお付き合いです。 その頃より、インプラント治療に対してとても興味をお持ちだったのですが、手術に対する恐怖感を乗り越えることができず、ずっと悩まれていました。 でも、ついに一大決心をされ、今回インプラント治療を受けられることになりました。 治療を終えた今、"本当にインプラントをして良かった。 手術も痛くなかったし、何でも思い切り食べられます。違和感も全くありません。 自分の歯と同じです。"と言ってとても喜んでおられます。

術前

インプラント治療を行なう前のお口の中の状態です。 左下の6、7番目の歯がありません。虫歯が原因でなくされました。

術中

右下の顎の骨にインプラント体を埋め込んだ状態のレントゲン写真です。 適正な位置に十分な長さのインプラント体が埋入されています。

術後

インプラント治療が終った後のお口の中の状態です。 一番奥の歯にはかみ合わせの関係から金属の歯を入れていますが、見えないところなので、特に問題はありません。 この方の場合、手前の歯にも人工のかぶせ物が入っていますが、マークがなければ、どの歯の下にインプラント体があるのか分からないのではないでしょうか。

▲TOPに戻る

【多数の歯(8本)をインプラントで補った診療例】

この患者様は50代の女性です。 今まで、ご自分のお口の中には比較的多くの時間と費用を費やしてこられた方で、"自分の健康のためにお金を使わないで何に使うの?"というお考えの方でした。 しかし、今まで行かれていた歯科医院ではインプラント治療について全く説明を受けられたことがなかったそうです。 当医院でカウンセリングをさせていただいたところ、直ちにインプラント治療を希望されました。 "もっと早くこのようなお話が聞けていたらなあ"と少し残念そうにされていたのが印象に残っています。

術前



当医院で治療を始める直前のお口の中の状態です。 約5年前に結構な時間と費用をかけて治療されたそうです。 見た目だけでなく、かみあわせにもいろいろ問題がありました。

術中

顎の骨にインプラントを埋め込みます。
手術中の出血は非常に少なく、また、痛みは全くありません。

術後



お口の中の全ての治療が終った後の状態です。見た目もかみ合わせも非常に良くなりました。
インプラントが右下に5本、左下に3本入っていて、前に4本だけ天然の歯が残っています。
この残った4本の天然歯はインプラントで奥歯を支えてあげることによって負担が軽くなり、寿命を随分延ばすことができるでしょう。インプラントはそれ自体が快適なだけでなく、残った組織を最大限に守るという役割も果たしているのです。

▲TOPに戻る