顎関節症

顎関節外来とは

「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれている」(日本顎関節学会「顎関節症の定義」) 簡単に言うと、あごの関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状の慢性的な疾患です。

原因は・・・

原因は一言で言うと、力(メカニカルストレス)です。顎の関節に対して、顎を壊すような力が「壊すうな方向に」「壊すような時間」「壊すような大きさで」加わった場合に起こります。
外傷による外因性のものを除けば、たいていの場合、夜間のくいしばりが原因で、これは日常生活のストレスから生じます。

軽症のものから重症まで状態は様々… 「硬いものを食べたらあごが痛くなったがしばらくしたら治った」という程度の軽い症状を含めると日本人の二人に一人は何らかのあごの異常の経験があるのではないかとも言われます。このように放っておいても自然に治るものもあり、必ず悪化していくという疾患ではありません。
患部を安静にする、問題のある生活習慣を改善する、薬を服用するなどの治療で70%の人は症状が消失すると言われています。 しかしながら、一方、重症になると、症状もめまいや痛みなど全身に及び、開口障害により食事の摂取が困難になったり精神的にも影響を受けることもあり、日常生活に大きな支障をきたすほどの症状に苦しむ方もおられます。 顎関節症の厄介な点は、一見症状が消失したように見えても実は悪化している場合が少なくない点、また、自然治癒する70%のタイプなのか重症になる30%のタイプなのかを事前に判断することが不可能である点です。
したがって、当院では、適切な診査診断、適切な治療を行った上で、定期健診を行い、再発の兆候を事前にチェックしていくように心がけております。
当医院の院長は、顎関節症治療の第一人者である小出馨教授に直接師事し、現在は、毎年4月~11月に開催されている「日本臨床歯科補綴研修会基本8ヶ月コース」のインストラクターとして、他の歯科医師に対して指導を行っている立場でもあり、他院では治らなかったような顎関節症の患者様も引き受けております。

▲TOPに戻る

【参考資料】

クリックして頂くと拡大します。

▲TOPに戻る

顎が痛い、音がする

適切な診査診断によって治療を開始します。治療の中心はスプリント療法と生活習慣指導で、必要投薬を行うこともあります。
当院で行う診査項目には以下のようなものがあります。

1.咀嚼筋の触診(3種10部位)・・・
これは初診時のスクリーニングとして全ての患者様に行います。(無料)

2.顎関節の側方からの触診・・・
これも初診時のスクリーニングとして全ての患者様に行います。(無料)

3.顎関節の後方からの触診・・・
2.で異常が認められた場合に必要に応じて行います。(無料)

4.顎関節の下方からの触診・・・
2.で異常が認められた場合に必要に応じて行います。(無料)

5.顎関節の上関節腔の滑走状態の触診・・・
2.で異常が認められた場合に必要に応じて行います。(無料)

6.顎関節頭の運動路の検査(SCMリコーダー)・・・
任意の検査となります。(有料10,000円)

7.顎関節頭のCT検査・・・
任意の検査となります。
【平成24年4月~健康保険適応になりました】

当院では、患者様が以上のような顎関節症の症状を主に訴えて来られた場合はもちろんのこと、そうでない場合も、保険の初診料の範囲内で、顎関節症の徴候についてチェックさせていただいております。

▲TOPに戻る

急性のクローズドロック(急に口が開かなくなった)



40代女性の方です。三日前から急に口が開かなくなったと言って来院されました。
適切な診査診断により、関節円盤前方転位と判明、小出教授の考案された効果的なマニピュレーションテクニックを用いて、即日に整復し、正常に口が開くようになった症例です。
このようなケースではなるべく早く来院されることが大切です。
遅くなれば、関節円盤を正常な位置に戻すことが不可能となり、一生ずれたままで過ごしていかなければなりません。

急性のオープンロック(急に咬み合わせがおかしくなった)



30代の男性の方です。前日から急に咬み合わせがおかしくなったと言って来院されました。
適切な診査診断により、関節円盤後方転位と判明、小出教授の考案された効果的なマニピュレーションテクニックを用いて、即日に整復し、正常に口が閉じられるようになった症例です。このようなケースでもなるべく早く来院されることが大切です。
遅くなれば、関節円盤を正常な位置に戻すことが不可能となり、かみ合わせを治すために全顎的な矯正治療を行わなければならなくなります。

顎関節脱臼(大きく口を開けたまま閉じれなくなった)

これを修復するのは比較的簡単で、素人でも治せる場合がありますが、たとえ治ったとしても一度顎関節の診査を受けられることをお勧めします。
顎の関節を包んでいる関節包が緩んでいる可能性が高く、それは噛み合わせが原因となっていることも少なくありません。適切な診断を受け、再発防止に努めることが大切です。

▲TOPに戻る