予防歯科

予防歯科とは・・・?

「なぜ歯科に行くの?」と質問されると、たいていの人が「むし歯ができたから」と答えるでしょう。
でも、その中の誰一人として、つくりたくてむし歯をつくった人はいないでしょう。
では、ここで少し発想の転換をしてみましょう。「痛くなる前に・・・・」いや、「痛くなりたくないから歯科に行く」のはいかがでしょうか?

実は・・・?

正しい知識と実践によって、むし歯や歯周病を未然に防ぐ、そう予防できるのです。
予防歯科では予防のための正しい情報を提供すると共に、その人に合った予防管理プログラムを立てて予防処置を行ない、定期検診を充実させます。

どんな人が受診してるの?

乳幼児から高齢の方まで年齢制限は無く、どなたでも受診できます。
また、痛みもほとんど伴わないので、歯科が苦手な人でも安心して受診できます。

▲TOPに戻る

予防処置はどんなことをするの?

現在の歯と歯肉の健康状態のチェックと問診

口の中の記録をとり、分析してプログラムを立てます。
また、予防に関する正しい知識、食生活など生活習慣に関するアドバイス等も行ないます。
ご自分のお口の中をよりよく知っていただくためのシステムとして
だ液検査と歯周病のリスクレポート(OHIS)を導入しています。

フッ素イオン導入・フッ素塗布

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。
フッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化することが出来ます。
イオン導入装置を使用すると電気分解によってより歯質に浸透しやすくなります。

シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、虫歯ができやすいところです。
この溝にシーラントを流し込んで溝を埋めることでむし歯を予防します。
歯を削ることは無いので痛みはありません。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

スタッフが専門の機械を使用して、歯面清掃を行います。
普段ブラッシングでは落としきれない汚れ(歯垢)を除去し、専用の研磨材で歯面を磨きます。
患者様に“歯磨きをして下さいね”と指導するだけではなく、医院全体で患者様一人一人のお口の中を守っていきたいと思います

トリートメントコース

トリートメントは常に心がけましょう。

治療中の様子です。

~125軒の実践医院で立証された~
健康な人が通い続けたくなる仕組みづくり
(画像拡大できます)

≪歯のトリートメント≫
・歯のクリーニング
・着色除去
・トリートメント
・歯肉マッサージ
・フッ素パック
・ヘッドマッサージ

≪ずっと通いたくなる歯科医院を目指して ~患者様の声~≫
・とても気持ちよかったです。3回目になりますが、日々のケアは以前とあまり変わらないのに、歯が汚れにくくなっている気がします。
・自分の歯の本来の白さを取り戻したので、本当によかったです。
・長く自分の歯で過ごすには定期的なトリートメントはとても良いと思いました。気持ちよくて寝てしまいそうでした。
・このようなコースがあることを知らなかったので受けてよかった。歯科医院のイメージが変わりました。

きれいで健康な歯を維持していく上で、トリートメントは非常に大切です。
ご自身の歯を守るためにも定期的に受けられる事をお勧めいたします。

▲TOPに戻る

リコールシステム(メンテナンス)

予防に最適な口の中の環境を維持するために定期的な検診(リコール)を行ないます。 リコールの間隔は人によって異なり、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月に一度の来院となります。
リコール検診は自分では気付かない口の中の変化を見つけてもらうことができ、それに合った予防方法を知ることができるので非常に重要です。

リコールの重要性

“今回の治療はこれで終わりですね。また半年後に来てくださいね。”と歯科医院で言われた経験はないでしょうか。 “めんどくさい。別に痛くもないからいいやん。”と、はがきが来てもほったらかしの状態の方は多いのではないでしょうか。
なぜそもそも定期健診が必要なのでしょうか。
それは長くご自分の歯を使って生活を送っていただきたいと願うからです。治療の結果がいつまでもよい状態で保たれるためには、患者様自身の適切な手入れがもっとも大切です。ですが、治療が完了した後にも、私たちにも患者様のお口全体が健康な状態にあるか、チェックさせていただきたいのです。痛くなってからの再治療は手遅れに近いのです。定期健診は、虫歯・歯周病治療の一環なのです。

▲TOPに戻る

歯科予防への取り組み

たなか歯科医院では小学校での歯みがき授業など、虫歯予防に対する様々な取り組みを行なっています。
(画像をクリックすると拡大します)

▲TOPに戻る