一般歯科

一般歯科とは?

一般歯科とは、虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とする歯科診療のことをいいます。保険診療の範囲内で行える主な治療方法をご紹介いたします。

虫歯治療

虫歯によって歯に実質の欠損が生じてしまうと、決して元には戻りません。そのまま放置しておくと、さらに歯の欠損は大きくなってしまうため、感染した部分を削り取り、その部分に人工物を詰める治療が必要となります。
神経まで進行していない虫歯(C1~C2)の場合、以下のような治療方法を用います。

術前の様子です。

術後の様子です。

【コンポジットレジン充填】

虫歯の部分を削った後にコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める治療方法です。
比較的小さい虫歯の場合に用います。通常、治療回数は1回です。

【インレー】

虫歯の部分を削った後に歯型を取って、それを元に口の外で詰め物が作成されます。後日その詰め物を歯科用のセメントで歯に合着する治療方法です。
これは金銀パラジウム合金という金属でできていて、比較的大きい虫歯の場合に用います。通常、治療回数は2~3回となります。通常、治療回数は1回です。

▲TOPに戻る

根管治療(虫歯が歯の神経の管まで進行している場合)

虫歯が歯の神経の管まで進行してしまった場合は、その管の内側の壁に浸み込んだ感染部分を削りとらなければなりません。
これは非常に細い管ですので、基本的に手作業で根気よく進めていく作業となり、かなり時間と回数がかかります。
感染の大きさや根の形の複雑さにもよりますが、最低でも3回、場合によっては数か月もかかることがあります。

▲TOPに戻る

補綴治療

根管治療を行った歯の形態や機能を回復するための治療です。
前歯(前から数えて3番目の犬歯まで)と臼歯(前から数えて4番目から後の歯)の被せ物の特徴は
以下のようになります。

【硬質レジン前装冠】

金銀パラジウム合金という金属を用いますが、見える部分にはプラスチックを貼りつけます。
ある程度は自分の歯の色に合わせることができますが、これに用いるプラスチックは多孔性で水分、唾液を吸収するので、
変色を起し易い、歯垢が付着しやすく、歯ぐきが不健康になり易い、金属イオンの溶出によって歯ぐきが黒ずむ等という欠点があります。
これらの欠点を補う治療方法はこちらです。

【全部鋳造冠】

金銀パラジウム合金という銀色の金属のみを用います。
そのため、自分の歯の色に合わせることはできず、いわゆる「銀歯」となってしまいます。また、この金属を用いた修復方法は適合精度が悪いため、虫歯が再発し易いという欠点があります。
これらの欠点を補う治療方法はこちらをクリックしてください。

以上ご紹介させていただいた治療方法はいずれも虫歯の再発に対して特に十分な注意を要するものとなります。
当院では、虫歯の再発防止のため、患者様お一人お一人に合った予防方法をしっかりとご指導させていただくようにしております。
その内容はこちらをクリックしてください。

▲TOPに戻る

欠損補綴治療

虫歯や歯槽膿漏、あるいは外傷などによって歯を失ってしまった場合には、人工的に歯を補って、その部分の機能を回復すると共に、全体的な歯列のバランスを崩さないようにする必要があります。
その治療方法には以下のようなものがあります

術前の歯の様子です。

術後の歯の様子です。

【ブリッジ】

失った歯が少なく、その両側にまだ歯が残っている場合に用いられます。
欠損している部分の両側の歯を数本削り、そこに入れる被せ物を支えにして橋渡しをし、失われた機能、形態、外観を回復する治療方法です。

但し、欠損部はダミーの歯となり、両側の歯に負担がかかることになりますので、睡眠時や食事時など歯に力が加わる時には十分な注意が必要です。固定式の装置であるため、義歯(入れ歯)に比べると、装着感は良いですが、両側の歯を犠牲にするという欠点があります。
これらの欠点を補う方法はこちらをクリックしてください。

【義歯(入れ歯)】

失った歯の数に関係なく用いることができます。非常に簡便な方法なので、時間があまりない場合や歯科治療が困難な方には適しており、一時的に短期間のみ用いるには良い方法です。
また、ブリッジと比較すると、他の歯を削る量がごくわずかという利点があります。しかし、残っている歯にかかる力学的負担はブリッジより大きくなるため、結果的に残っている歯の寿命を縮めることになる点や、口の中では異物として認識されるため、装着感が悪いこと、銀色の金属でできた留め金が見えるという見た目が悪いこと等の欠点があります。
これらの欠点を補う方法は義歯インプラントをクリックしてください。