月別アーカイブ: 2014年6月

日本臨床歯科補綴研修会に参加して!

6月に入って梅雨入りが宣言されました。家の庭先の紫陽花がきれいに咲いています。

たなか歯科医院、歯科技工士の鍋田です。皆様にお目にかかることは少ないのですが、主に技工室にてインレーやクラウンといった補綴物や入れ歯の作成をしています。白い歯を作る時に、歯の色を見せていただく時や、入れ歯作りの各工程でお会いした患者様もいるかもしれませんね。

さて、今年度は、日本臨床歯科補綴研修会の主催する「補綴治療を行なうための基本8ヶ月コース」(月2回の8ヶ月間)に参加することになりました。日本臨床歯科補綴研修会とは、長期的な残存組織の保全と機能回復率向上の両方を的確に図り、安全で確実な補綴治療を行なうために不可欠な基本的重要事項をひとつひとつ明確にして、適正で効率的な治療システムを構築して広く伝えていく事を目的とした卒後研修機関です。講師は、TV「世界一受けたい授業」にも出演されたことのある、日本歯科大学新潟生命歯学部の小出馨教授がされています。

4月5月と研修を受けてきましたが、歯科医師の方々と席を並べて講義を受ける事に緊張もし、聞いた事のない言葉がポンポン出ててくるので混乱しそうでした。

けれど、かみ合わせが顎の関節や脳と密接に関わっていて、かみ合わせの不具合が顎関節症を引き起こしたり、全身の機能に悪影響を及ぼす事がある(認知症とも深い関係があるとのことでした)という内容のところでは、歯科医療従事者としての責任を感じ身の引き締まる思いがしました。

8ヶ月しっかり勉強して患者様の治療に役立てることができるように頑張っていきたいと思います。

最後に、こういった学びの機会を与えてくださった院長に感謝しています。

歯科技工士  鍋田晋吾

DSC_0168DSC_0169DSC_0170